Do something different , Do something fun !

人生は遊び。

小児科専門医の先生に聞いてみた。子供にニンジンを食べさせるには?衝撃の回答結果に納得

更新日:

ひょんなことから、食べ物の好き嫌いの話になりました。
ニンジン、ピーマン、しいたけ、グリーンピース嫌いな人が比較的に多い食べ物かと思います。嫌いな食べ物を食べられるようになるにはどうしたらいいのでしょう?子供の時は特に顕著だよななどと思っていましたが、ちょうど近くに小児科医の先生がいたので聞いてみました。驚きの回答が帰って来ました。

好きなものだけ食べればいい

私:「こどものニンジンとか苦手なものを食べさせるにはどうしたら良いですか?」

医師:「そんなのね、食べさせなくていいよ!

私:「がーん!なんでですか??ニンジンは健康にいいし絶対食べたほうがいいじゃないですか!」

医師:「子供は大人よりも味覚がずっっつと敏感なの、だから少しの苦いでも強く感じるし、まずいものはすごくまずく感じるの。
栄養なんて他のもので補えるし、そのうち我々みたいに味覚が鈍くなってこれば食べられるから大丈夫だよ、はははは。」

軽い...
でもたしかに、好き嫌いが激しいからってそれで、不健康になったとか聞かないですよね。
嫌いなものがあっても別にどうでもいい気がしてきます。

人間の味覚はかしこい

「不味い」を感じる感覚は、腐ったものや毒など自分の体に合わないものを感じる大切な感覚と言えます。
今現在「不味い」と感じれば必要がないとも思えます。

ビールの味なんかは子供の頃なんてあの苦味をまったく美味しいと思えませんでしたが、それが大人になったら美味しくなってしまう。子供の頃は必要のない味なんですね。

兄は野菜を食べない、妹は野菜。

とあるお家の子供の話。
兄妹とも超個性的、表題のとおり、兄は野菜を食べない、妹は野菜ばかり食べる。恐ろしく偏った食の兄妹ではある。
親たちもそれには何もふれず、なんでもOKな子育てぶり。

健康は大丈夫なのかと思うところだが、兄妹ともにとても生き生きとしている。ストレスを感じない自由いっぱいの子供
なんというか魅力的な子供としてすくすく育っている。

まとめ

子供の好き嫌いは今の時点では気にすることがなく、時期が来たら食べるのを待つのがいい。
無理に食べさせてもストレスをためるだけ。それよりも子供の感覚を信じてまかせるべし。
と、私自身はこう育てない。

336




336




\ シェアしてください /

-

Copyright© 人生は遊び。 , 2017 All Rights Reserved.